事情があって医療機器を手放すことになったら中古専門業者に相談を

歯科の診療台

スピードがカギになる中古医療機器の専門業者による買取

歯医者の道具

エコ志向が広く一般に広がりを見せ、そこそこ浸透してきたこともあって、最近は、一度使ったものを簡単に廃棄せずに、買取という選択肢を優先的に検討する動きが盛んです。医療機器のような大型で高額なものが多い製品についても同様で、中古医療機器の買取に専門的に携わっている業者に相談するケースが増えています。医師が異動して使う予定だった医療機器が不要になった、あるいは、医療機関そのものの経営規模縮小といった事情で、不要な中古医療機器を手放したい場合は、まずは専門業者にメールや電話で連絡して、今後の対応について相談に乗ってもらうといいでしょう。専門業者のサービスは全国規模での展開を見せているため、医療機関の所在地がどこであれ、業者営業所の最寄のところにできるだけ早くコンタクトすることが大切です。一般消費材の中古品売買においても、比較的新しいものほど、査定でいい値段がつく傾向があります。医療機器と言えどもそこは事情が同じですので、中古医療機器について手放していいことがハッキリしたら、出来るだけスピーディに買取手順を進めることが高額査定の一つのコツになります。折角まだ使える医療機器ですので、是非、業者に買取してもらって、他の医療機関で役立ててもらいましょう。

医療機器の中古品を買取してもらう場合に気を付けたいこと

医院の経営が順調なうちはいいのですが、地域経済の状態や人口動態によっては、閉院や規模縮小という対応を余儀なくされる場合もあるでしょう。そんなとき、これまで治療や診察の場面で活躍してきた医療機器の処分をどうしたらいいか、廃棄の他に具体的な方法を思いつかず、困ることもあるでしょう。中古医療機器の買取専門業者がいて、全国各地で買取の依頼を受け付けていますので、処分の必要な中古医療機器については、まずこのような業者に相談するのがおすすめです。
中古医療機器と言っても、メーカーや機種、年式などが非常に幅広く、全てが買取対象となっているわけではありません。専門業者に医療機器の中古製品を買取してもらう際には、最初に買取対象品に含まれる品かどうかを確認しましょう。特に問題なければ査定へと話が進みますが、査定では、総じて、少しでも新しい製品の方が、より高い値段をつけてもらえます。そのため、中古の医療機器を買取に出す場合は、可能な限り迅速に業者に連絡して、買取の話をする方がお得でしょう。また、一社だけに査定を頼むのではなく、同業の他の会社にも並行して査定してもらえば、より高額の査定金額を提示してくれる業者を選ぶこともできます。

中古の医療機器は専門業者に買い取ってもらうのがベスト

クリニックを移転したり閉院したりと言った場合には、それまで使用していた医療機器の処分を考える必要が出てきます。クリニック内で使用した物であっても事務用品などの類であれば、一般的なごみとして廃棄する事も出来ますし、中古品の買取業者に売る事も出来ます。しかし医療機器となるとそうはいきません。治療や検査に使用していた機器にはウイルスや患者の体液などが付着している可能性があり、これを介して病気が広がる危険性があります。そのため一部医療機器は、産業廃棄物として専門の資格を有した業者に依頼して処分してもらうか、製造元のメーカーに連絡して回収してもらうなどの必要があります。その場合には当然処理費用も必要になってくるので、クリニックとしては痛い出費になってしまいがちです。こうした場合に便利なのが、中古医療機器の買取を行う専門業者に依頼する方法になります。一般の中古品買取業者では扱えないような専門的な医療機器も、専門の業者なら無理なく買い取ってもらえますし、運搬などについては全て業者が負担してくれるので、処分するよりも楽です。それでいてコスト的にもプラスに働くのでお得です。ただ専門業者でなくても医療機器を買い取る業者もあるので、依頼する際にはしっかりと中古医療機器の買取を専門としているか確かめましょう。

pick up